プロも太鼓判を押す無料のダーツ計算アプリ「n01」ネット対戦や基本性能を紹介

                                   

 

 

こんにちは、タクローです。

 

 

最近ではダーツライブ社から「みんなでダーツ」といった

 

ボードにオンライン環境がない方でも楽しめるように

様々なプラットフォームが展開されてきています。

 

 

 

今回の記事では

多種多様なオンライン対戦ツール、スコアリングツールの中でも

 

多くの人に愛され、最近も進化を続けている

 

「n01」

を紹介させていただきます。

 

 

 

n01とは

 

 

元プロダーツプレーヤー でもありプログラマーであるnakka氏が開発した

 

ダーツ用スコアリングツールが「n01」になります。

 

どんなツールなのかというと

簡単に言えば「スマホやパソコンで01のスコアを付けられるツール」です。

 

 

 

Web版、iPhone版と開発されていて

 

ダーツにおいて重要な

点数計算機能やスタッツの表示

その他なんとオンライン対戦まですることができるツールとなっています。

 

 

 

Web版の使用はおっかなびっくり無料でございます!

 

n01 Webページはこちら

 

もしもネット環境がないところで使用したい場合は

同じく無料のwindowsダウンロード版か

有料ですがiPhoneでのアプリインストールで使用することができます。

 

 

スティールでは多くの方が知っている主流のツールとなっており

各プレーヤーが個人で使用するのはもちろんのこと

リーグや大会などでも使われています。

 

※2020 Japan Championshipでも使用されました!

 

 

 

タクロー
個人でも試合でも超使いやすい!!

 

 

最近では更なる進化を遂げていて

カメラ&マイクを接続してのオンライン対戦も可能になり

それはもう立派なオンライン環境ができています^^

 

 

 

 

基本的な機能

 

 

n01の主な機能を紹介させていただきます。

 

501だけでなく701やハンデ設定もできる

 

n01は01ゲームにのみ対応しております。

※オンラインでは501のみのプレー

 

 

スティールメインのツールなのでまあそりゃそうだという感じですね;

仮にこれでクリケが追加されようものなら最強です。

(個人的には熱望しています)

 

 

オフラインの場合、設定をすれば

701や301、ハンディキャップなどをつけることができ

レベルに合わせたゲームをすることが可能となっています。

 

 

 

ちなみにスコアの付け方は

・点数を打ち込む

・エンターキーで相手にチェンジ

・フィニッシュの際は何本目に上がったかを選択

 

これだけです!!!

(01なので当たり前か;)

 

非常に使いやすいので操作に困るということは恐らくないでしょうb

まずは一度使ってみてその操作性の良さを実感してみてください!

 

 

 

コンピュータ対戦も可能

 

n01にはコンピューター対戦機能も付いており

レベル1〜12までに分かれているロボと対戦することができます。

 

ちなみにレベル12にもなると9ダーツを繰り出してきたり…;

世界レベルを体験することができるでしょう。

 

 

「CPUだから同じような点数をずっと打ってくるのでは?」

 

いえいえそんなことはありません。

 

 

どのような設計かはわかりませんが

まるで画面の向こうに対戦相手がいるかのように

削りやミスに幅がありゲームが進んでいきます。

 

個人練習も充実すること間違いなしですb

 

 

 

 

充実したオンライン対戦環境

 

n01の凄いところはなんといっても

オンライン対戦機能があるところ!!

 

詳しい使い方は後述しますが

世界中の人たちとゲームをすることが可能となっています。

更に

・カメラとマイク機能あり

・自分のスコアもオンライン上の記録に残る

と機能としてもかなり充実しています。

 

 

 

n01オンラインの使い方

 

先日の投稿で開発者であるnakkaさんが

オンラインの使い方を説明してくれていました。

これを見れば初めての人もバッチリです!

 

 

本人から掲載許可いただきましたので

ちょっとやってみようかな、と感じたそこのあなた!

是非こちらを参考にプレーしてみてくださいb

 

 

 

 

 

実際にオンライン対戦してみて

 

 

カメラ機能に関して

繋ぐ繋がないはプレーヤーの設定次第で自由です。

 

例えばお互いにカメラがない場合…

「相手の投げているところが見られないってちょっと不安かも」

と感じるかもしれませんがやってみると意外と気になりません。

(もちろん人それぞれだと思いますが)

 

 

実際のプレーの様子はJapaneseGuyTVさんの動画が参考になるかと思います。

 

 

 

プレーする際の画面は

非常にシンプルかつ見やすい作りになっているので

使っている中でのストレスは皆無と言ってもいいでしょう。

 

 

実際にオンラインに入ってみると…

 

 

時間帯によりますがたくさんのプレーヤーの方がいらっしゃいます。

多い時は500人以上がロビーに入っているタイミングもあるほど…

(画像は金曜の22時ごろ、約350人がロビーにいます)

 

 

それと多くのプレーヤーにツールの存在が知られていることから

時折有名プレーヤーの名前もよく見かけます。

 

 

例えば先日だと

JAPANの西谷譲二選手を見つけたので突撃したり。

(結果はご覧の通りでしたが…)

 

 

 

その他、スティールメインのツールということもあって

海外の方が多く、時にはアッと驚くような人もいます。

PDCプレーヤーも時折姿を見せるのだとか。

 

私が確認した限りでは

キム・ハイブレクト選手や、ジェフリー・デ・ズワーン選手を見かけました。

※ご本人かは分かりませんが;

 

 

 

ボードさえあれば世界とつながるn01

 

 

n01を特にオススメしたいのは

「今現在自宅のボードにオンライン環境がないという方」

 

 

スマホ1台+ダーツボードがあれば

n01を使って世界中とつながることが出来るので

 

色々な人との対戦を自宅でもしたい!

という方にはぴったりのツールになると思います。

 

 

もちろん友人、知人と対戦したいという場合でも非常に使いやすいツールとなっています。

 

 

 

 

スティールメインのツールですが

自宅にオフラインのソフトボードしかないという場合でも

きっと楽しくゲームすることができますよ^^

 

 

 

今すぐn01のWebページをブックマークして

ボードさえあればいつでもどこでもオンライン対戦ができるようにしておきましょう。

 

無料なのでお気軽にb

 

n01 Webページはこちら

 

ぜひn01を使って自宅でのダーツの楽しみ方をより広げてみてください!

 

 

 

 

 

今回の記事は以上になります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

                                

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です