「ダーツが狙っている所よりもよく下に飛ぶ」という人は”手の解放方向”に注目してみよう




 

こんにちは、タクローです。

 

本記事は質問箱に頂いた質問に対する

回答内容紹介記事になります。

 

100%返答の質問箱開設中!

 

ダーツについて知りたい事、疑問に思う事など

どしどしお寄せ下さい!

今後のダーツ生活において良いきっかけになるよう

全力で返信させていただきます!

 

 
 
これまでの回答一覧はこちら

※質問の一部は記事で回答させていただきます。その際には、回答まで多少なりお時間を要しますのでご了承ください。
 
 
 
 

今回の紹介する質問と回答はコチラ!

 

 
【質問内容】

 

いつもすごい情報量とも勉強になっおります!

質問なのですが、セットアップは狙うところが見えいるのですがイクバック時に手で隠れ見えなくなっしまいます。

下げギリギリ見えるところで構えると狙ったところの下につします。

グリップや投げ方だいぶ変えたのですがそれでも下についしまいます。

何かいい方法はありますでしょうか。

ちなみに利き目が左で顔の前でセットアップしおり、あまりイクバックしません。
せいごさんのようなイメージです。
何卒よろしくお願いします

 

 

【回答】

 

 

フォームばかりに気を取られ忘れがちになることですが

リリースの際に手からどの方向にダーツが解放されているかという点は非常に重要です。

 

 

かなりざっくりな説明になりますが

基本的にリリースに対しての振りの要素は

前腕と手の2つが存在し、

リリースの際にこの2つがどんな状態かによってリリースの方向が決まってきます。

 

 

 

いくら腕をイメージ方向に振っても

手の振り、解放方向が下方向に向いているタイミングでリリースが起こった場合は

下方向に飛んで行きます。

 

 

 

この際本人のイメージは

「ターゲット方向に投げている」のに

「思ったよりも下につく」ということが起こってきます。

 

 

 

要はイメージとのギャップが生まれているわけです。

 

 

 

ダーツが上を向いていて腕を進行方向に出せていたとしても

結局下に振っているような状態では

上手く手から抜けない限りイメージより下にいきます。

 

 

 

別にその状態でも常に上手く抜くことは可能なので問題があるわけではありません。

 

 

 

ただ…

たまたま上手く抜ける時をスローの基準にしてしまい

常に下を向きやすい状態で投げていると中々実力も上がりません。

 

 

 

難しいことを常にやっているような状態になります。

 

 

 

 

そもそもの下に飛びやすい原因を変えなければ中々思い通りにはいかないものです。

 

 

 

セットアップ時の構えている位置はリリースの方向を決める1要因に過ぎず、イメージよりも下に飛ぶ直接的な原因ではありません。

 

 

手からダーツが離れていく、リリースの際の状態によって起こっていることなので

 

腕の高さや振り方だけでなく、ダーツは一体どの方向に解放されているかというのを注目してみてください。

 

 

 

特に振りのイメージが強い人は無意識のうちに下へ下へと手が流れているかもしれません。

 

今回は以上になります!
 
 

ダーツについての疑問や質問、

又はタクローについて聞きたいことがあれば

タクローの質問箱へ!

 

Twitterのアカウントが無い!という方は

記事下のコメント欄にて

コメントお待ちしております!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です