グリップが安定しない人はダーツの「置き方、取り方、構え方」にも注目してみよう




 

こんにちは、タクローです。

 

本記事は質問箱に頂いた質問に対する

回答内容紹介記事になります。

 

100%返答の質問箱開設中!

 

ダーツについて知りたい事、疑問に思う事など

どしどしお寄せ下さい!

今後のダーツ生活において良いきっかけになるよう

全力で返信させていただきます!

 

 
 
これまでの回答一覧はこちら

※質問の一部は記事で回答させていただきます。その際には、回答まで多少なりお時間を要しますのでご了承ください。
 
 
 
 

今回の紹介する質問と回答はコチラ!

 

 

 
【質問内容】
 

グリップで決まりません。

具体的には、利き手に持ち替えたとき(左手から右手)に親指定まりません。

同じグリップで続けることによって慣れるかと思っているのです1年ほど同じグリップです未だ同じ状況です。

良い方法あればご教授いただけますと幸いです。
 

 

 

【回答】
 

 

 

ダーツを置いている逆手の状態というのは意外と馬鹿に出来ないもので…

 

・逆手の位置

・ダーツの状態

・取り方

 

 

 

全てが繋がり、リリースまでのアプローチが決まってくると言っても過言ではありません。

 

 

ちなみに持ち替えた後の

セットアップの仕方も

 

手前で起こすのか

 

 

一度開くのか

 

などなど。

 

 

自分の思い描くポジションまで

どう持ってくるかを考えることは安定感に直結します。

 

 

もちろんグリップがある程度定まっていることが前提ですが

 

一連の動作のスタートはセットアップからではなく

「逆の手から取るところから」と認識してフォームを作っていきましょう。

 

 

 

 

とはいえ毎回正確さを求めて神経質になりすぎるのもあまり良くありません。

(。-∀-)ココマデイッテオイテ…

 

我々はロボットではありませんからね。

 

 

 

ある程度は開き直って

実際の握りから起こる誤差の範囲の中で

経験値を重ねていくことも大事です。

 

 

完璧なグリップを繰り返すことは実質不可能なので

整った形を目指しつつも

こんな感じに握ったのならこう投げる!

という瞬間的な判断能力を磨いていくことも大切です。

 

 

機械的かつ受動的に。

 

グリップの安定感を探ってみてくださいb

 

 

今回は以上になります!
 
 

ダーツについての疑問や質問、

又はタクローについて聞きたいことがあれば

タクローの質問箱へ!

 

Twitterのアカウントが無い!という方は

記事下のコメント欄にて

コメントお待ちしております!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です