慣れない環境、緊張する場面で力を発揮するための考え方とは?




 

こんにちは、タクローです。

 

本記事は質問箱に頂いた質問に対する

回答内容紹介記事になります。

 

100%返答の質問箱開設中!

 

ダーツについて知りたい事、疑問に思う事など

どしどしお寄せ下さい!

今後のダーツ生活において良いきっかけになるよう

全力で返信させていただきます!

 

 
 
これまでの回答一覧はこちら

※質問の一部は記事で回答させていただきます。その際には、回答まで多少なりお時間を要しますのでご了承ください。
 
 
 
 

今回の紹介する質問と回答はコチラ!

 

 
【質問内容】

 

初めてや、対人戦などで自分カードレーティング通りスタッツが打てないことが多いです。

結果、負けてしまうことも多く、ダーツに自信がありません…

1人で長時間投げる練習が原因かと思うで、内容を見直したいですが、目安として何時間くらい練習(目標設定仕方)を行えば、良いか教えて頂けますか?

 

【回答】

 

 

 

一人で投げることが多いという方は

対人戦や初めてのお店、たまに出る大会などで

「普段通りのダーツができない!」

というのはよくあることだと思います。

 

 

 

これは至極当たり前のことで、

 

誰しもが慣れていない環境や緊張する場面で

力が発揮できるということは少ないと思います。

 

特に具体的な準備を普段からしていないのであればなおさらです。

 

 

過去のスポーツ経験や色々な発表会など。

 

皆さんも環境が変わった際の実力を発揮する難しさはよく体験してきたことでしょう。

 

 

力が発揮できない1番の原因はやはり

“緊張”しているから

というものが挙げられますよね。

 

 

「色々なことを考えてしまう」

「周りが気になってしまう」

「結果にばかり気を取られる」などなど。

 

 

 

やはり緊張に対してはネガティブなイメージを持ちがちですが

 

 

間違い無く言えるのは

緊張は悪いものではないということです。

 

 

緊張を受け入れつつ

いきなり練習通り100を目指すのではなく、

今日10出来たなら次回は15というように

ちょっとずつでもいいのでできることを増やしていきましょう。

 

 

 

緊張しても実力を発揮するための方法は状態や性格によって複数存在し、

 

 

単純に慣れていけばいいこともあれば

考え方を変えていかなければいけないこともあります。

 

 

過去にブログでもいくつか方法を紹介していますのでよければ参考にしてみてください。

 

【ダーツメンタル】”試合になるとうまく飛ばせない”の原因と対策は?

 

大会の時に緊張で何も考えられない…そうなる前に〇〇の一本化だ!

 

 

 

練習の際にはダーツの状態だけでなく

理想的な心理状況もよく捉えるようにしてみてください。

 

 

 

 

理想的な状態とはどんな状態か?が見えてくれば

 

 

あとはインプットと実践を繰り返すのみです。

 

理想の状態になるためにはどんな取り組みが必要か

またどんな考えはNGか

 

具体的なものがきっとわかってきます。

 

 

 

ターゲットに集中している状態というのを

まずは練習の段階から把握するよう努めてみましょう。

 

 

今回は以上になります!
 
 

ダーツについての疑問や質問、

又はタクローについて聞きたいことがあれば

タクローの質問箱へ!

 

Twitterのアカウントが無い!という方は

記事下のコメント欄にて

コメントお待ちしております!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です