1年以上停滞していたレーティングが安定的に伸びる要因となった取り組み3選!




 

こんにちは、タクローです。

 

 

 

「最近中々レーティングが伸びない」

「ずっと同じ数字を行ったり来たりしている」

 

 

ダーツで悩みの種になりやすい

レーティングが伸びずに止まってしまうことについて。

 

 

実は私にも昔

長い間レーティングが横ばいで変化しなかった期間がありまして…

(約1年半ぐらい)

 

 

今回は私タクローがそんな期間を抜け出すきっかけとなった

3つの意識を紹介します。

 

紹介する内容は技術的な事ではないですが、少しでも参考になればと思います。

 

その1.体調管理

 

これはブログ内やツイッターでもよく言っていますが

 

 

ホントに体調管理は大切なんです!!

 

 

体の調子が悪いと心の調子も悪くなり

ひいてはダーツもわるーい方向へ…

 

 

 

 

特に気をつけたいのは

なるべく寝不足にならないように

翌日に疲れを残さないように

 

体のケア、就寝環境、食事、運動などに気をつかうこと。

 

 

 

私はある時から

「あれ?無理に毎日投げるんじゃなく

体を休めてから投げた方が調子良い時多くないか?」

と感じ

 

気を付けるようになってからは安定的に実力が伸びていきました。

 

 

 

気付くの遅過ぎ!!

という話なのは重々承知してますが

 

やはり「上手くなりたい」「勝ちたい」

という気持ちが先行し焦りが大きかったのが原因ですね…

 

 

こればかりはプレーヤーならば痛いほど分かる話かと思います。

 

 

 

 

管理する中で

特に注意したいのが寝不足。

 

寝不足の状態では

良い動きのアイデアも浮かばないし練習が成果に繋がりにくくなります。

 

何よりネガティブになる。

これはメンタルスポーツと言われるダーツにとっては死活問題です。

 

心は健康な体から。

 

 

体がめちゃくちゃ元気ハツラツな時に

「もうだめだ…」となることは少ないですよね?

 

 

 

なるべくたくさん寝て疲れがない状態で、練習に向かうようになってからは特に結果に現れてきました。

 

参考記事↓

【質問回答】ダーツの調子が悪い時はどうすればいいのか?-精神編

 

 

 

 

 

その2.毎回実験

 

これは別の言葉で言えば

「正解が曖昧で自分で決めるしかないダーツだからこそ

開けていない箱はどんどん開けて、より良い選択ができるようにしておきましょう。」

という話です。

 

 

やってもいないのに技術論や動きを否定すること自体可能性を閉じることにしか繋がらず

変化を止めることは実力を伸ばさないことと同義になります。

 

 

 

仮に変化したことで打てなくなったとしてもそれは成長です

 

理解していない自分より、理解している自分を大事にしましょう。

 

 

少しで良いので昨日までにない変化を取り入れ観察してみる。

 

他人から見たら変化とは言えないほどのちょっとのものでも良いです。

 

変化しないまま反復することは上達とは言えず、停滞、極端に言えば退に近いです。

 

 

 

昔レーティングが全然伸びなくなった時期は

一つの意識に固執し

ずーーーーーっと同じフォームを練習していました。

 

 

もちろん多少の変化はありましたが

結局は堂々巡り。

 

 

コンディションによって上下があるだけで

技術的にはほとんど変わりのない期間だったと

今振り返っても感じます。

※もちろん反復練習が大事な時期もあります

 

 

 

念のため注意して欲しいのは

何でもかんでも全て取り入れてしまうことは避けてください。

 

 

 

これをやってしまうと自分が何をしたいのか、どんなダーツを目指しているのか?

訳が分からなくなってしまいます。

 

 

できるだけ自分に適した変化の幅も意識しながら毎日実験してみてください。

 

参考記事↓

ダーツはずっと同じフォームで練習すべき?

 

 

 

 

その3.良いと思ったものは即習慣に

 

 

「あっこれいいな」と思ったものは

意識しなくてもできるように習慣化する癖をつけました。

 

ダーツの技術だけでなく朝の起き方、情報収集の仕方など行動の多くに対して。

 

当たり前の意識が現在の自分を作る。

普段のなんでもない行動から、結果は現れてくるものです。

 

 

運動する習慣を身につければ

自然と体力がつき。

 

 

 

勉強する習慣を身につければ

自然と知識がつき。

 

 

 

毎晩ビールを飲む習慣を身につければ

確実にお腹に肉がつき。

 

 

 

 

なりたい自分を定めてからにはなりますが

 

その自分が自然とやっているであろうことを習慣にすれば

 

自然と理想的な自分に近付いていきます。

 

 

まずは自分が憧れるトップの方の習慣を調べてみると

何を習慣化すべきかイメージしやすくなります。

※ダーツ以外のジャンルでもOKです

 

 

 

 

さすがに合う習慣、合わない習慣は人それぞれですので

具体的なものは是非ご自分で調べていただきたいと思います。

 

 

 

 

(なんだか習慣化するのは難しそう…)

と感じている方にオススメしたいのは

 

なるべく今自然と行なっている行動と結びつけることです。

 

これを繰り返せば比較的簡単に新しい行動を習慣にすることができますb

 

 

 

 

 

私の場合

今回紹介したこれら3つの意識を取り組み始めてから

 

安定的にレーティングが伸びてきました。

 

下がる事が少なくなってきたとも言えます。

 

 

 

ダーツの技術は世に溢れていますが、使っているのは自分自身です。

 

まずは自分にとってより良い意識を持ちましょう。

 

 

 

 

 

もちろんこんな事やらなくても強くなることはできます。

 

ただ、やった方が強くなれるかもしれません。

 

自分の中に明確な答えがないのであれば、まずはやってみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

 

 
いかがでしたでしょうか?
 
レーティングが伸びないという根本の原因には
 
自らの考え方からくる行動が原因になっているかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
今回の私の例は参考の一つでしかありませんが、
 
是非実践してみて考え方から変化をかけてもらえれば
 
より上達の手助けとなるやもしれません。
 
 
 
 
 
 
・体調管理
 
・毎日実験
 
・良いと思ったものは即習慣に
 
 
 
 
 
 
ダーツの練習だけでなく
 
考え方も強くして、より成長できる自分を目指して行きましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の記事は以上になります。
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました!
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です